ホーム » 事業内容 » 技術開発 » NECOLシリーズ

事業内容

技術開発

NECOLシリーズ幅広い用途で活用できるLED照明灯具

製品特徴

軽量・コンパクトだから取付がラク。さらに光のムラができにくく、長寿命。

NECOLは蛍光灯照明器具と比べ非常に小さく軽量であるため取付も簡単です。
レンズによる配光制御、点灯回路方式を変えることで、トンネル以外の場所でも使用が可能です。

  • 照明器具の本体は3.5kg、大きさはB5サイズ程度で軽量・コンパクト
  • 特殊加工ガラスによりLED特有の”ギラつき”を大幅に抑制
  • 最適な構造設計と放熱設計で長寿命化
  • 水、埃の侵入を防ぐ(防塵防水仕様IP65合格)
  • 2系統電源回路により、故障時でも全消灯回避
  • 1つの電源部に対し最大3灯の器具が接続可能(使用場所によって異なる)
NECOL-T(PBL):トンネル基本照明用

走行車背面を照らすことでドライバーの安全性も向上

  • 高均斉度(明るさのムラのない)照明空間を実現
  • プロビーム※により落下物及び先行車の視認性向上
  • 停電時でも基準の明るさを確保しつつ、調光制御により全灯点灯が可能

高松道 鳥越トンネル(上り線)

NECOL-T(EPA):トンネル非常駐車帯用

非常駐車帯のランプ交換が20年間不要

  • 交互点灯によりランプ寿命が2倍
  • 2系統回路により不点灯になる可能性を抑制
  • 電源部を下部に設置可能にし、メンテナンス性向上

高知道 平山トンネル(上り線)

NECOL-C(CANOPY):料金所上屋用

ランプ交換のための料金所レーン閉鎖を軽減

  • ランプ交換回数の軽減(20年間交換不要)
  • プロビーム※により先行車の視認性向上
  • 灯具は車道外の柱に、電源部はアイランド部に設置し、灯具の車道への直接落下を回避
  • 落下防止ワイヤーによる落下対策可能

高松道 津田東IC

NECOL-L(LOW):低位置照明用

ポール不要で管理が容易な低位置照明

  • 光源連続性からなる視線誘導性向上
  • メンテナンス性の向上(高所作業車・規制不要)
  • 景観の向上
  • プロビーム※により障害物及び先行車の視認性向上
  • ポールを設置しないことから道路外部への光漏れ軽減

九州道 鳥栖JCT

プロビーム照明について

開発の経緯

従来のトンネル照明は、ナトリウム灯や蛍光灯など放電管ランプを使用したものが主流でした。しかし、必要な明るさ(安全性)を確保しつつ消費エネルギーを削減するには、光源ランプの特性上限界があり、新しい光源による本質的な改善が求められていました。
そこで当社では、平成20年より"次世代のトンネル照明器具"として、省エネルギーと照明性能の向上を目指して、照明設計の自由度が高い"LED"を用いた照明器具の開発を始めました。LEDチップの選定、電源回路の検討、放熱対策など、さまざまな試作と実験を繰り返し、トンネル内の明るさのムラをなくしつつ省エネルギーとなるLED照明器具の開発に成功しました。
さらに、先行する車両や障害物を見えやすくするために照射する光の向きを工夫した、プロビーム型の照明器具も開発し、視認性を向上させることができました。これらは、実際の高速道路や一般道のトンネルに設置され、高い評価を得ています。また、その他トールゲートやランプウェイ部などの照明としても応用されています。
今後も、さらなる性能の向上と他分野への応用を目指して、日々開発を進めていきます。

NECOLシリーズ

このページのトップへ