ホーム » 事業内容 » 新事業への取り組み

事業内容

新事業への取り組み

地域と連携した活性化への取り組みとして「アグリ事業」と「指定管理者事業」を行っています。

高知自動車道沿線の高知県大豊町で地域活性のための取り組みとして、
休耕地を利用したアグリ事業に取り組んでいます。

※アグリ事業とは・・・
幅広く農業関連産業を指します。農業法人の規制緩和が進んだため企業の農業進出や新たなビジネスモデルが見られるようになっています。

ブルーベリー栽培

大豊町のハウス用農地で、ブルーベリーを栽培しています。実ったものは、「道の駅大杉」やケーキショップへの販売、夏休み期間中は観光農地も開園しております。また「ゆとりすとパークおおとよ」では、ブルーベリーの加工品としてかき氷や飲み物の販売も行っております。いずれも糖度が高くお客さまからは好評です。今後は、栽培規模を増やすとともに、品質の良いものを生産し、ブランド化を目指す取組みを行っていきます。


シイタケ栽培

平成21年度より開始したシイタケ栽培は、間伐材を利用したホダ木栽培しています。
原木シイタケとして「道の駅大杉」「ゆとりすとパークおおとよ」「生産組合」等で販売しています。


高速道路での施設管理・売店運営の経験を生かし、指定管理者として施設の管理・運営を行っています。

※指定管理者制度とは・・・
公の施設の管理・運営を民間の団体に包括的に代行させることで、運営面でのサービス向上や管理運営費の削減を目指す制度です。

道の駅 大杉

国道32号線沿いに位置する四国で最初の道の駅です。高知県内の観光案内や大豊町の特産物品などを販売、また、地域ブランド商品の開発にも取り組んでいます。


ゆとりすとパークおおとよ

【ゆとりすとパークおおとよホームページ】
http://www.yutorisuto.jp/

標高750mに位置する自然豊かな公園。オートキャンプ場やコテージ、グラスハウス(温室)などが楽しめます。
花壇・園地は社会福祉法人高知県知的障害育成会「かがみの育成園」の方々にお世話をしていただいています。


このページのトップへ